心がざわつく季節 とにかくいつものあなたで

昨年の手帳を見返す機会があり、

受験を控えた去年の私と娘に対峙しています。

本番を目前に控えた今、

とにかく、怪我なく、病気なく、

いつものあなたでその日を迎えられるよう、

それだけでいい

過ごしていました。

兄の受験で、上記のことを大失敗しているので

妹の受験の去年は、本当に本当にそれだけを考えて過ごしていました。

兄の受験、、、

10月31日にサッカースクールに参加するという大失態。

しかも、足をくじいていまい、翌日のケンケンができなくて泣くという。。

もちろんその学校にはご縁なく。

なんて、バカな私でしょう。

そんな過去もあり、

とても気をつけていた妹ですが、

幼稚園中にハサミで左の指をぱっくり。

これは仕方ない

幼稚園を本番前1ヶ月休ませた人を知っているけど

その気持ち、わからなくもない。

だって、、

ハサミぱっくり。

般若の顔で幼稚園からその日帰ったのを覚えていますもの。

でも、誰も責められない。。

できるだけいつものあなたで

その日を迎える

大命題

あと、女子校を受ける我が子に鼻水が出ていては大変!とお教室の先生に言われていたので、

手洗い、うがいを敢行したのも、思い出します。

確かに、鼻水すすっていたら、格好悪いですもの、ねー

いつもはもっと素敵なんですー

とはいえないから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA