幼稚園クラス代表挨拶 

年長さんになると、
我が幼稚園では、各行事毎にクラス代表が先生により選出され、
全園児、保護者の前で挨拶するという代表活動というシステムがありました。

選出方法や、選出の条件などは開示されていません。

あくまでも担任の先生がその子どもの発達に応じて選出するというもの。
(年度始めに担任が選出するので一任してほしい旨通達あり)

全員分の行事があるわけではないので、
最大で男女それぞれ5名程度でしょうか。

だいたいが、クラスでも目立つタイプのしっかりした子どもが選ばれます。

娘の代のこのクラス代表活動に選ばれたお子さんの顔ぶれを見てみると。。。

半分が受験予定のお子さんでした。

この代表活動に選ばれると、
何より、人前で話すというなかなかできない経験になる。
願書提出の前の行事なら、願書にかける。
という受験組にとってこれ以上ないメリットがあります。

いえ、受験するしないに関わらず、
代表活動はみんなの憧れです。

個人的な意見としては、
PTA活動、役員など人が嫌がる仕事をしたお母さんの子どもがやればいいのになと
思っていました。

そうすれば、
みんな納得するし、
いやいややる役員でも、
子どもの代表活動のためならば。。。とモチベーションがあがったりするのにな。と。

娘は願書に書けるタイミングではなかったけれど、代表活動を年長時にすることができました。

クラス委員、バザーのリーダー頑張りましたから。わたし。

代表活動を確約してくれたら、年度始めのモチベーションまるで違っていたと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA