2月の勝者 合格したのは父親の経済力と母親の狂気

中学受験渦中のママ友に強く勧められ、漫画「2月の勝者」を読んでみた。

内容紹介
中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師

2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは
生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!
受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、
もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!

【編集担当からのおすすめ情報】
2020年の大学受験改革(センター試験廃止・大学入試共通テスト新設)。
高校からは受験できない中高一貫校の増加など、これまでの常識が通用しなくなっている激動の受験界。

いまや首都圏では4人に1人が中学受験に参加する現在において、
中学受験とはどんな仕組みなのか、そして勝利を勝ち取る戦略とは?

中学受験塾を舞台に、講師と生徒、保護者の、合格を勝ち取る闘いを
強烈なキャラクターと圧倒的なリアリティで描く、
時代の要請に応える作品です。

《以上アマゾン商品説明より引用》

ここから第1話の試し読みができます。

小学校受験のそれとは、全く様子が違い、
同じ受験でも小受と中受では本当に違うのだと改めて思いました。

第1話の冒頭。

中受合格した子供たちに塾講師がなぜ君達が合格したのかって。

「父親の経済力と母親の狂気」

というセリフがあって。

父親の経済力はそのままなのだけど、
母親の狂気って。

確かに。
これは小学校受験も同じ。

まさに!

あれは狂気。

どんな人でも多少狂う。
母なら狂う。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA