ーーーちゃん、どうだった?って聞く人

筑波を除く、国立考査も終わり、幼稚園は落ち着きを取り戻しつつあります。

そんな中。

私を見つけると
かなり遠くから、駆け寄ってきて

「⚪︎⚪︎ちゃん(我が子の名前)どうだった?」

と無邪気に聞く人が。

一瞬なんのことか分からず、きょとん。

あー。受験のことか。

「おかげさまで」

と奥ゆかしく微笑む(笑)私。

っていうか。さ。

うちが、ダメだった時のこと考えて話しかけてる?

その時、あんたどうすんのよ!
どんな言葉をかけてくれるわけよ!

しかも、そんなに親しかったっけ?
受験の結果を個人的にお知らせする程仲よかったっけ?

仲良しには、とっくのむかしに私から直接報告しとるっちゅうねん!!!

お品のない言葉使いになってしまいました。

もといもとい。

ま。
幼稚園のママ、ほとんどが常識あるママたちで、
決して自分から結果を聞いてくる人はいませんでした。

ただひとりだけ。

無邪気な人がおられました。。ってことで。

信用はお金では買えません。

という話。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA