Monthly Archives: 12月 2016

そういえば。。。パルシステムで買ったしいたけ栽培キットの件

パルシステムで買ったしいたけ栽培キット

秋=きのこ
を娘に植えつけたくて。

どんなだったかって?

いやー。
すごかったです。

3〜4日でにょきにょき生えてきて、
だるまさんころんだ的に毎日毎日気づくとカサが大きくなってきて、
正直いって、
私は気持ち悪くて触れませんでした。

娘とパパ、
食べきれないほど、しいたけを収穫することができました!!

ありがとう栽培キット!

受験意識しなかったらやらなかっただろうな。

しいたけ栽培。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

そういえば。。。。準備ゼロ 記念国立小受験の結果。

以前、知り合いの知り合いに準備ゼロで国立小学校を記念受験する方がいるらしいという話を書きました。

忘れかけていたのだけど、
知り合いの方がその結果について、
(聞いてないんだけど)教えてくれました。

ご縁がなかったようです。

って、当たり前な気もするけど、
がんばった分だけ報われるってわけでもないのが小学校受験の世界。

特に国立小学校は。

実際には、その記念受験をした方と知り合いではないのだけど、
おせっかいなこというと、
ご縁がなくてその方のためにも、よかったのではと。。。

ご縁あったとしても、保護者の中で浮くこと、間違いないでしょうから。
6年ないし、9年は辛い思いをしたかも、しなかったかも。

って余計な御世話ですね。

失礼しました。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

クリスマス制作 リースを娘と作りました

季節季節って。

季節ごとの行事は家族で十分にやってくださいね

と教室の先生に耳タコで言われます。

ツリーの飾り付け、アドベントカレンダーと通常クリスマスモードに加え、
今年は特別。

クリスマスリースをお花の先生に習いに娘を連れて行きました。

私はフレッシュリースを

娘はフレッシュもみのきで小さなツリーを

それぞれ先生について習ってきました。

こういうのって、丁寧な暮らしっていうのね。

受験を意識してはいますが、
娘とお花をアレンジするのはとっても楽しかったな。

丁寧に季節を感じるのも悪くないね。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

兄の同級生の妹さんはうちの娘と同い年

兄と同じ学校に通う同級生の妹さんはうちの娘と同い年。
つまり、受験年度が同じです。

うちの娘の誕生月が12月なのに対し、
あちらは5月となんでもできるお子さん。

月齢が違うから、
ライバルではないのだけど、
5月生まれのその妹さんはうちの娘をものすごくライバル視しています。

何をやっても我が子はそのお子さんにかなわないのに。
ライバルって・・・

こういうのって、面倒くさいな。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

受験するのをやめたい、とかなんとかいいながら、最後までこのままな気がしている

パパにも相談してみました。

受験するのをやめたいと。

思い留まるよう説得されました。

覚悟を持ってはじめた受験準備でしたが、
二人目にもかかわらず、
早くもストレスマックスな私。

頭には円形脱毛症。

パパも最大限協力してくれていますが、
私が娘のペーパーを見ていて、散らかし放題の部屋に帰ってくると、
ため息をつきながら、片付けをします。

片付けてくれるだけありがたいのですが、
私には、それがとてもストレス。

私だって、
受験さえなければもっと部屋を綺麗に片付けられるのに。
リビングの片隅にある鉄棒もさくっと捨ててしまいたい。
ソファの横に置いてある大量のペーパー類も根こそぎ捨ててしまいたい。

だけど、、、数年前受験を経験した兄はいいます。

自分も年長の頃、ママは怖かった。
ママとの勉強は苦痛だった。

けど、
あの時いっぱい泣いたからこそ、
今の楽しい生活があるんだから、
あの頃には感謝しているよ。

だよねー。

そんなことを聞いてしまったら、
本当にやめちゃうなんて、

で、き、な、い。

できないーーー。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

受験するのをやめたいけど。。。うーん。悩ましい

兄が私立小に通っているからって、
妹も同じ学校に通わなくちゃいけないなんてないのだけど、
その学校のよさを知ってしまうと、
やっぱり、妹にも同じ環境を与えてあげたいと思うのは当然のことで。

ただ、妹自身がもうすこし、受験ということを理解して、
受験するんだ!という意識を持ってくれると、
諸々捗るのにな。なんて。

わかってます。
相手は5歳。

生まれてたったの5年の子供。

その子供に、
「受験ってのは。。。」と説くのは無理な話。

しかし、娘のあまりの適当具合に、
兄と比較してはいけないのだけど、
愕然とする毎日なのです。

受験本番まであと10ヶ月。

10ヶ月のうちに考えればいいことなのかもしれないけど。

やめるなら、
きっぱりさっぱり早いうちにやめてしまいたいというのが本音。

右から左に飛んでいってしまう1万円札を見ながら、
そういう風に考えてしまう今日この頃です。

どよーん

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

娘の受験、やめたい

新年長になって1ヶ月の我が子。
お教室もそれまで、なんとなく緩やかな雰囲気だったものがいつの間にピリリとした雰囲気に変わってしまいました。
そんな中、
我が子のやる気がいまひとつ。

できないことは叱らないけど、
やらない(やろうとしないこと)は叱る。

と決めている私。

このところ、
やらないことが多すぎて。

先日、ぶちっと私の堪忍袋の緒が切れてしまいました。

もう抑えきれない位、感情が溢れ出しちゃって。

ふと、
もうこんなことしなくてもいいのではないか。。と考えている自分がいました。

ちょうちょ結びができなくったって。
うまく数が数えられなくたって。
スキップがうまく飛べなくたって。
季節のことがわからなくたって。

どうってことないじゃないの。

同時に、
これからの10ヶ月、
年長さんの一番楽しい時間を
やらないからと言って叱る自分、叱られる彼女をイメージして、

なんとも可哀想な気分に。

もう受験なんてやめたい。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

やっと5歳の誕生日 早生まれではないけれど。。いや、もう早生まれにいれて欲しい

やっと娘が5歳になりました。
厳密にいうと、早生まれではないけれど、
限りなく早生まれ感は否めないなと常々感じていた5年間でした。

大人にとっては、
早まれの方がなんとなく誕生日がくるのは遅くて羨ましく感じることもあるけれど、
子供の頃の、
4−5月生まれと早生まれの差ってどうしても埋められない。

だってですよ。

4月5月生まれ赤ちゃんが、
はいはいをしだす頃に早まれ赤ちゃんは生まれるんですよ。新生児、ぽにょぽにょ状態で。

月齢考慮のない学校もあります。
その学校には
ほぼ早生まれさんはいないと聞いたこともあります。

こんな話になったら、
やっぱり、
それもこれもご縁の世界。

私達人間がどうこうって話ではないのでは?

と現実逃避をしてしまいます。

やるだけやって、ご縁を待つ。

心穏やかに、、

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

受験は孤独。。。と思っていたけど、素敵な受験ママ友に出会ってしまった

私立小に通う兄が受験した時、
幼稚園はもとより、
幼稚園関係ない友達にも、
息子が受験することは内緒にしていました。

初めてのことだし、それが知れていいことはないと完全に思っていたので。

まさに、受験は孤独。
その孤独っぷりが今思えばちょっと哀れな感じ。

せめて、子供関係ない友達には言ってもよかったのではないかと振り返り、思います。

今回、娘の受験に際し、
兄の時ほどでないにしろ、
「受験は孤独」を意識していた私ですが、
塾でふたりの素敵ママに期せずして、
出会ってしまいました。

塾でママ友を作るのはなんだかご法度のような気がしていましたが、
出会って半年。

この人達といると、楽ーというママさんとの時間、
気づくと、
「癒しの時間」になっていました。

要因としては、
子供達の性別が違うこと、目指す学校が違うことが挙げられます。

塾内でお互いの子供も見ているし、塾の内容もわかる。

先生への愚痴なんかも、、理解してくれる。

この人達と来年以降もおつきあいしていきたいと感じることができるママ友に出会えたこと。
娘が連れてきてくれたご縁に感謝。

みんなで合格するぞ!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

お母さんはどんな時にあなたを褒めてくださいますか?

塾の先生に

「お母さんはどんな時にあなたを褒めてくださいますか?」

と聞かれた娘。

「ペーパーで2つとも丸がもらえた時です!っ」

ですって。

その答えを聞いた塾の先生の私を見る目の痛いことっていったら。。。

他のお母さん達、、、、苦笑。

他にもことあるごとに褒めているんだけど、な。

子供は正直です。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

1 2