Monthly Archives: 2月 2016

娘の幼稚園発表会 もじもじしすぎ!人前に出る体験増やさなくっちゃかしら

インフルエンザに罹りながらも、
早目に罹患したため、解熱翌日から数えて5日目以降の発表だったため、
当日欠席することなく、
発表会に参加した娘。

年少さんのお遊戯、それはそれは可愛く、
目を細めるばかりでした。

が、
我が子。

もじもじもじもじもじもじ

していました。

確かに、たくさんの人の前に立つ経験はこれが初めて。

もじもじして当然な気もしますが、
もじもじしすぎしょ。

これでは先が思いやられるなーと。

今は可愛いからいいのだけど。

今は。

今はいいけど、少しずつ人前に出ていくという体験をさせてあげなくちゃな。と思ったインフルエンザ明け発表会でした。

参加できただけで、嬉しいんですけど、ね。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

花子とアンは東洋英和 学校研究のためDVD買いました

「あさが来た」が豊明小学校なら、
「花子とアン」は東洋英和。

なんで、みなかったんだろうーーー。
娘の学校研究のため、是非もので花子とアンも見ておくべきでした。

今は便利なものがありまして。

↓DVD
これ買って見てみることにします。。。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

NHK朝ドラ「あさが来た」 いよいよ日本女子大学ができるぞー!、毎朝楽しみすぎてどうにかなりそう

インフルエンザの荒波が我が家を直撃している間、
ずーーーっと家にいなくてはならない私の楽しみは
NHK朝ドラ「あさが来た」です。

↑これほしー!!

伍代様、ディーンフジオカに夢中になったり、彼のことをネットで調べたり。

↑お品のよい笑顔に首ったけでございますー。
韓流好きのおばさま方の気持ちが5%わかった気がいたしますー。

そしていよいよ。

お受験ドラマ「マザーゲーム」で私の好きな信之助先生
こんどは日本女子大学を作った成瀬仁蔵=成澤泉役で出てくるではありませんか!!


↑これこれ!やきもきしながら、毎週手に汗握ってみていたドラマ!!

日本女子大学、つまり、豊明小学校!
興味ないわけないじゃないですかーー!!

まさに、学校研究!!

しかし、たった100年前は女子が勉強するやなんて、
そんな時代やなかったんどすなー。
女子が勉強やなんて、贅沢なことやったんどすなー。

それを考えたら、
100年後の現在、自由に勉強できる世の中。

勉強せな損どすなー。

と娘がもう少し大きくなったら、話してみたいと思います。
わかるかなー
わかんないかなー。

豊明小学校、俄然興味深々です。

おまけ
瀬戸康史さん日本女子大でインタビュー

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

インフルエンザの猛攻に敗れた我が家 なんでインフルエンザピークに受験もピーク どうにかならないのかしら

インフルエンザの猛攻に敗れた我が家 その1
インフルエンザの猛攻に敗れた我が家 その2

に続きます。

この時期、年度末近くに1年間の総まとめ的な発表会が幼稚園で開催されますよね。
毎年毎年同じようにインフルエンザが流行るこの時期に。

会の趣旨からして、当然この時期がふさわしいのはわかった上で、
もうちょっと気候のよい時期に開催できないものでしょうかねー。

うちの娘はインフルエンザ発症が火曜日で、発表会が翌週金曜日だったため、
ぎりぎりセーフで発表会に参加できました。
しかし、インフルエンザピークのこの時期、4名の欠席さんがいました。

毎年思うのですが、受験もこの時期にピークって。。。

今年、お子さんが中学受験をしたママ友との会話の中で、
こんなことを話していました。

明らかに調子が悪そうな受験生が試験会場にいる。
1回しかないチャンス、少々体調が悪くても無理をして試験を受けにきてしまう。

小3、4年から中学受験の日、つまり6年生の2月1日に向けて
やりたいことも我慢して家族でがんばってきたというのは
痛いほどよくわかる。

でも無理して試験にくると他の受験生に影響があるかもしれない。

実際にママ友のママ友(と、遠い。。。)のお子さんが試験日に何かの菌をもらってきて、
以降の試験を万全な体調とはいえないまま、受験せざるを得なかったとか。

しかも、
結果は出ずだったと聞けば、
冬のやつめー!
と叫ばずにはいられない。

見えない敵を警戒しながら、
その敵に屈しない体作りをしなければと、
インフルエンザの猛威を知って思いました。

欧米のように、9月新年度始まりだったら、
気候のいい時期に試験で、いいのにな。

でも、それが変わることって、近年にはないだろうから、やっぱり、

免疫力を
高めることに注力しないとなー。

いやー、まいったまいった。

2016冬、インフルエンザの怖さを知る!!

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

インフルエンザの猛攻に敗れた我が家 娘にも私にも

インフルエンザの猛攻に敗れた我が家の続きです。

翌週に発表会を控えた妹。
インフルエンザ罹患の兄と隔離しました。

隔離したつもりでしたが、
やっぱりというかなんというか、
妹もインフルエンザにやられてしまいました。

小さな体をあっつあつにしてうな垂れる娘。
兄ももちろん、親として、かわいそうでみていられない状況でしたが、
それ以上に、娘は小さいだけにかわいそうでかわいそうで。。。

代わってやりたい。。。。と思った翌日、

そう、その願いは叶いました。

実質、代わってやることはできませんでしたが、
同じ苦しみを味わうというなんとも、悲しい結末を迎えました。

40年生きてきて初めてインフルエンザ罹患という経験をしました。

こんなにも、
こんなにも、
辛いものなのですね。

インフルエンザ、恐るべし。
大人でこんなにきついのだから、
子供は推して測るべし。です。

インフルエンザに罹らないよう、
よく気をつけてねー!
とはいいます。

気をつけていたんです。

手洗いうがい。
睡眠栄養。

本当に気をつけていたにも関わらず。
罹る時は罹る。

こればっかりはしょうがない、、とは思いました。

そんな中。

今日のポジティブ。

娘の考査当日のインフルエンザ罹患でなくて本当によかった。

これに尽きる。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

インフルエンザの猛攻に敗れた我が家

なんということでしょう。
なんということでしょう。

インフルエンザって
ものすごく辛いものなのですね。。。

40年生きてきて初めてその猛威を知るという。。ね。

私達が小さい頃、
こんなにインフルエンザって懸かる人多かったでしたっけ。

まず、小学生の長男がインフルエンザに罹患。

電話にて、学校まで迎えにくるよう言われ、
ぼさっとした格好にコートを羽織り、
車で学校へと急ぎました。

保健室で真っ赤な顔して横たわる息子。

一目で「インフルエンザ」とわかりうる状況ではありましたが、
「インフルエンザでは、、ない!!」と自分に言い聞かせて、
帰宅。

車中、息子はぐったり、一言も発さず。

行きつけの小児科はネットで番号を取れるので、
待合室が患者でいっぱいということはないのかと思いきや、
そこには、
真っ赤な顔した子供達で溢れていました。

インフルエンザは発熱から12時間(でしたっけ?)経過していないと正確な結果が出ないと聞いていましたが、
その小児科には、
富士フィルムが開発したというスペシャルな機械が導入されているということで、
さくっと診断結果が出ました。
発熱から、5−6時間後のことでした。

医師「インフルエンザに罹患しています。」

私「ですよね。(心の声)」

リレンザを処方され帰宅。

発表会を翌週に控えた妹にインフルエンザをうつすわけにはいかない!!
鼻息荒く、看病が始まりました。

リレンザ薬を飲んだ息子は翌日には、38度あった熱も解熱。

書いていて、辛くなってきました。
涙。

もう気持ちも落ち着いてきたと思っていたけれど・・・。

続きはまたにしよう。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村