お正月、張り切りすぎて腕負傷 これが本当の寝正月 普通の日々よありがとう

Happy 2016!

あけましておめでとうございます。

パパを初仕事に送り出し、子供たちと春のような麗らかな午後を過ごしています。

暖かかった今年のお正月。
箱根駅伝の様々なエピソードに涙し、
食っちゃ寝食っちゃ寝してる間に息子とふたりでバッティングセンターに。

;;;

そして見事に私、腕負傷。

それも、バッティングした翌日の夕方に激痛がやってくるというなんとも恐ろしい痛み。
20球しか打っていないのに激痛って。

本当に本当に痛くてシャワーの蛇口も回せないほど。
痛くて眠れないほどの痛み、久しぶりです。
眠りが浅いから、昼間にネットでみた、
やくざの人がヨドバシカメラの福袋を転売目的で買い占めたというニュースが頭に残り、
私がやくざにすごまれるという夢までみてしまうという、、
なんとも恐ろしい初夢。

そんな年明け。

普通に腕が動かせるというまさに「普通の日々」が何より幸せなのだと痛感した新年でありました。

普通に家族が笑っていられるということ。
それが何よりも大事です。

これから、うちも下の子が受験準備に入っていって、
あの常軌を逸した日々が近い将来やってくるかもしれません。
というか、やってくるでしょう。確実に。

でも、
普通に朝起きて、ご飯を食べて笑って学校や幼稚園に行けることが、
大事なんだと忘れないようにしようと心に誓った腕の痛み。

ペーパー、昨日やったことが今日できなくても、
はさみがうまく使えなくても、ママが思ったような上手な絵がかけなくても、
恥ずかしくて、上手にご挨拶できなくても。
普通の5歳、6歳でいてくれたらそれでいいのだ。

普通の日々、万歳!
このことを忘れないように。

大好きな歌、
エレカシ「普通の日々」

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA