試験日前日に息子が怪我・・・考えが浅はかな母を許しておくれ その10

その10まで来てしまった
試験日前日に息子が怪我をしてしまった話。

数年前のことなのに、
鮮明に覚えていることに驚きました。

昨日の晩御飯のおかずですら忘れてしまう私なのになのに。
お友達とのランチで、話している途中で、
結局何を話したかったのか忘れてしまう私なのになのに。

それほどの衝撃だったということです。

結果、ゴッドハンドのおかげで軽減された怪我の痛みと
試験内容がけんけんなど足を使わなくてもできたことにより、
その試験を突破することができました。

もしも、突破できていなかったとしたら。。。

きっと、一生後悔したことでしょう。

後悔どころか、
当時の病んでいた私のことです、
失踪してしまったかもしれません。

大げさではなく、本当に。

それだけ心が病んでいましたから。

自分でも病んでる、、、と感じていたので、
まだいい方だったのかもしれませんが。

娘の小学校受験も今後ありますが、
今度は、
前日、いや、4、5日前からの臨戦態勢をとることでしょう。

ええ。
とりますとも。

最上級の
臨戦態勢をね。

おわり

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA