試験日前日に息子が怪我・・・考えが浅はかな母を許しておくれ その9 試験が終わるまでの司馬遼太郎

ゴッドハンドのおかげで、
最大痛いレベルが10だとして、
翌日の試験にはレベル3まで下がって当日の試験に臨んだ息子。

試験に行く前の施術中、
自分自身、息子に間接的にでも怪我をさせたという
至らなさに涙がとめどなく流れて止まらなかった私。

今考えたら、
おまえがそんなに泣いてどうする!という感じです。

息子が心配するやんけ!!!!

とタイムマシンがあるのなら、
その日に帰っていってやりたい気分です。

それに、
号泣したせいで、メイクもボロボロ。
髪の毛もボサボサ。

よくあんな状態で試験に行きましたね。
私。

息子を試験に送り出してから、
保護者控室で私が読んだふりをしていたのは、これ↓
司馬遼太郎
坂の上の雲

今考えたら、
控室の保護者が待ち時間に何をしていたか、なんて
チェックするほど学校は暇ではないとはわかりますが、
その時は必死。
読んでいるとインテリっぽく見える司馬遼太郎をチョイスして、
ロシア艦隊とか、それどころではない話を眺めていました。

話、それました。(爆!)

試験が終わって戻ってきた息子は笑っていました。

ひとまず、
ほっとしたのを覚えています。
「けんけんは出なかった・・・」

怪我が試験の邪魔をしなかったことがわかり、
とても穏やかな気持ちでその日の学校を後にしましたとさ。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA