本番を目前に塾をやめた我々親子だけど、そんなに特別なことではなかったことに最近気づいた

夏休み終わり、小学校受験を控えた方々には、

11月の本番まで余す所わずか・・・という所まできてしまいましたね。

息子が受験した数年前の今頃、
私達親子はそれまで通った塾をやめてしまいました。

その時のことは事細かに(しつこくも)以前書いています

お教室(塾)選び 正直失敗しました (泣)その1

このことについては、
悲劇のヒロイン的だと
自身では思っていましたが、
いろんなクラスのママ友と話すうちに、
そこまで悲劇的なことでないことに気づきました。

2名、直前でそれまで通っていた塾をやめた人がいました。
多数ではないですが、いました。

なんて、かわいそうな私達親子・・・と正直思っていましたが、
それほどでもなかったなと。

合わない、いやだと思ったら、やめたらいい。
だって、私達の時間、お金なのだから。

でもでも、
受験塾に限らず、
やめる時って気持ちよくはないですよねー。

特に受験お教室の場合、
「これで落ちても知らないよー」みたいに言われるとやめられない部分も多々あります。

そこをやめ切った私は、
やっぱりがんばった!

とそんなことを思う9月、秋の夜長。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA