年長の夏休みにがんばった児童英検シルバー受験 のその後の息子

年長の夏休みにがんばった児童英検シルバー受験 オンラインで受けられます

 

に続きます。

 

その後、息子が英語に関してどうなったかを記しておきます。

 

おっと、その前に面接での出来事。

面接は願書を元にお話を進めていきます。

なので、

この願書作成はすっごく大事。

願書に書いたことに関して質問される、つまり、

学校側にとって、面接の間、

願書に書いたことがお子さんの全てなのですよね。

 

実際に、息子の面接時に「児童英検」について質問されました。

内心、私、ガッツポーズ。

「これからも続けていけるといいですね」

とお言葉を頂戴しました。

一同、にっこり笑ってうなづく。

 

みたいな。

 

これからも、ね。

続けて、ね。

行けたら、ね。

 

そりゃいいですよ、ね。

その後、息子の英語、どうなったかって?

 

いやー、続けられるわけないですよね。

ってやらせない私が悪い?

継続してやってたら、もしかしたら今頃ペラペラ?

んなわけないか。

に、しても

小学校受験から解放され、

その後入学。

通学にも慣れ、友達もでき、その他習い事にいそしむ毎日。

願書詐欺?

いえいえ。

学校側はそんなちいさなところ、見てないですよ(と信じたい)

目標に向かって、がんばる親子なのかということを特技を通して見ているのでは?

(と信じたい)

 

とりあえず、この夏は英語をもう一回、楽しむことから始めたいなと私は思っていますが、

息子はどうかな?

 

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA