年長の夏休みにやったこと 願書対策「特技」児童英検を受験しました。

夏休み目前ですねー。

息子にはせっかくの長い夏休みの間に、普段は通学に時間が取られて

出来ないこと。

何か「これ!」というものをひとつでも成し遂げて欲しいと思っています。

さて、今年の夏はどんな夏休みになるのでしょうか?

今年小学校受験を予定されている方には、いよいよ大詰めの夏!ですね!

悔いのないよう精一杯がんばってください!

さて、息子が年長の夏休み、どんな夏休みだったかと回想しました。

ペーパーなどの受験準備のほかに、

児童英検を受ける準備をしていました。

自宅でこういったものを使って↓

 

完全なる願書対策です。

あまた、送られてくる願書。

学校関係者の目に「おや?」と思わせる何かを・・・

と考えてうちは英語にしました。

そして、ただ単に英語教室に通っているという抽象的なことではなく、

その程度、習熟度がビジュアル化しているものがいいだろうと、

児童英検!と思い立ったのです。

実際に、

小学校入学後、

クラスの皆さんとの会話の中で、かなり多くの方がこの願書対策はしていました。

内容は、なんでもいいと思います。

お子さんの得意な分野のちょっと他のお子さんがやっていないようなことをして、

願書に書くということ。

実際のところ、学校側がどう評価するのか分からりませんが、

面接時の会話の糸口には少なくともなると思います。
うちは、かなりこの児童英検に食いついてもらえました。

ただ、受験対策のペーパーなどをしながらのこの児童英検というエクストラワークは今思えば我ながら、大変だったなと。

とにかく、息子に英語を嫌いにさせないよう「楽しむ」ということを一番に心がけました。
例えば、

このキクタン キッズはCDで音楽として単語を覚えられたので、
このシリーズには感謝しています。

そして、この児童英検のいいところは、合否がでるのではなく、
ブロンズ、シルバー、ゴールドとそれぞれ難易度のことなるカテゴリーの中での習熟度が何%なのかという結果がでてくるだけ、というのが私がこちらを選んだポイントです。

児童英検の話、つづく・・・

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA