私立国立小学校合格マニュアルで学校研究 女子と比較して男子が挑戦できる小学校が少ないことに気づく

ようやく、お受験の概要、
小学校受験とはなんぞや、
何から始める?などということをぼんやりと把握し始めた頃、
それとは別に学校調査、通える範囲にある学校、その雰囲気、教育指針なども調べ始めました。

こちらなどを参考に↓

私立国立小学校合格マニュアル

 

さすが、伸芽会編集。
データの量はさすがです。
これ一冊でなんとなく学校の位置関係から制服、給食に関することまで網羅していました。
なんとなくのイメージも湧きました。

今は、こんなのもありますね↓

眺めているうちに、

どの学校も素敵で息子に、というより、

私が通いたいくらい。

 

さらに、眺めているうちに、はっとさせられました。

あれ?

通学範囲内で、女子と比較して、男子が受験できる小学校が少なくないですかね?
いや、少ないよね。
少ない少ない。

ま、「少ない!」といったところで、状況は変わらないのですけど、ね。

気になる小学校に赤丸をつけ、学校説明会には全部行きました。

そう、あの紺色スーツに身を包み。

西へ東へ。

あとは、どうにかこうにか知り合い関係を通じて、

その学校に通っている(いた)方とお会いし、お話を伺いました。

もう何年もご無沙汰している方々に事情を話し、お知り合いをご紹介頂き、

その方々からいろいろとアドバイス頂きました。

それは、伸芽会の合格マニュアルには載っていない真の情報でした。

皆さん、お受験を経験されていて、

私の当時の心境をよく理解してくださり、たくさんたくさんお話しくださいました。

そして、必ず最後にはがんばってね、と。

ご縁あって、息子が合格できたのも、こうした皆さんとの出会いがあったからだと、

今改めて感謝の気持ちが湧いてきました。

かつて私が感じた不安や焦りなどを解消とまではできませんが、

お子さんのお受験を控えた方々に読んで頂いて、

少しでも気持ちが軽くなれば、とこのブログを立ち上げました。

今、がんばっている皆さん!

お気持ちよくわかります!頑張ってください!

そして、読んで下さってありがとう!

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験(本人・親)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA